借上型仮設住宅が始まります。

公開日:

更新日:2018/07/15

カテゴリー: 有本の独り言


マイホームのイメージ

今日から3連休が始まりました。

 

倉敷市真備町のボランティアに参加された方や、私のように参加予定の方もたくさんいらっしゃると思います。

 

昨日までは、倉敷市内にお住まいの方限定でしたが、本日7月14日(土)より解除となり、全国よりボランティアを募集しています。必ず地元の市町村社会福祉協議会で「ボランティア活動保険」にご加入していただき、ご参加ください。

 

ボランティア活動参加の方への告知が、倉敷市社会福祉協議会のホームページへ出ていますが、

 

受付時間は7:30~10:30まで、

 

受付場所は、お車でお越しの方は、玉島ハーバーアイランドE地区、AM7:00~10:30の間は倉敷市災害ボランティアセンターまで送迎バスをご用意。

 

JR山陽本線でお越しの方は新倉敷駅下車北口から送迎バスで、倉敷市災害ボランティアセンター(場所:中国職業能力開発大学校内 住所:倉敷市玉島長尾1242-1)

 

自動二輪車・自転車・徒歩でお越しの方は上記、倉敷市災害ボランティアセンターとなっています。

 

尚、災害以降、倉敷市真備町内は慢性的な渋滞が発生していますので、マイカーでの乗り入れはボランティア活動の妨げにもなりますので、自粛ください。

 

又、倉敷市広江7丁目で発生した土砂災害の被災者支援のボランティアも、本日7月14日(土)より受付が始まりました。

 

受付時間は9:00~10:00で

 

受付場所は広江7丁目コスモタウン広江町内集会所となっています。

 

最新の情報は常時更新されていますので、念のため、倉敷市のホームページでご確認下さい。

 

そして、明日7月15日(日)AM10:00から、私の仕事でもある不動産業界から「岡山県の民間賃貸住宅借上型仮設住宅(借り上げ住宅)事業」が始まります。賃貸住宅の物件情報は、住まいる岡山の特設ページからご覧いただけるようになります。

 

 支援賃貸住宅は、「敷金・礼金なし」「仲介手数料なし」「家賃保証会社・保証人不要」かつ、「被災者の方々並びに避難を余儀なくされた方々がすぐに入居可能」な賃貸物件となっておりますが、一定の要件もありますので、合わせてご確認ください。

 

日々のお仕事に邁進し、倉敷市真備町のみなさまのお住まいのお役立ちができれば幸いです。